Tシャツ

mont-bell チャレンジ支援プログラムのTシャツ(左)

mont-bell WIC.T アウトドアアクティビティ(中央)

mont-bell WIC.T 山の道具(右)

 

この3枚はとっても気に入っています。どこまで汚れてしまうのか。ボロボロになっていくのか。

その他、長袖も持って行く予定。

ジャケット

ウィックロンZEOサーマルジャケット

 

体温調整が出来る高機能ジャケット。自転車を降りて肌寒いときなんかに使える。色がいい。

ジャケット

mont-bell ライトシェルサイクルジャケット

 

自転車用のジャケット。ところどころにストレッチ素材が使われていたり、自転車に乗りながらでも扱いやすいところにポケットがあったり。しかもコンパクトになる。これは便利だ。

ダウン mont-bell アルチプラノダウン

 

厚手のダウン。動いている時は問題ないが、走り終わってから夜のキャンプはかなり冷え込むはず。

季節にもよるけど絶対に必要。

パンツ

mont-bell サイクルライニングパンツ(左)

mont-bell コンバーチブル1/2パンツ(中央)

mont-bell フリーライドパンツ(右)

 

気温やその時の状況によって使い分けるつもり。

でも、洗濯もしなきゃいけないからそんなこと言ってられないか。

レインウェア

mont-bell サイクルレインジャケット

mont-bell サイクルレインパンツ

 

自転車用のレインウェア。ストレッチがあり動きやすい設計になっているほか、サイクリングに必要な機能が組み込まれている。雨の日は基本的にあまり走らないつもりだが、走らなければならない時は絶対にある。

グローブ、靴下、レインカバー

サングラス

 

眼鏡をしないと生活できない自分にとって、サングラスは重要アイテム。

日本一周の準備をする時に出会ったサングラスプロショップオードビーが可能性を広げてくれた。

 

右の黒いものは以前から使っているもの。

左は今回の旅をするにあたり準備したもの。

偏光レンズを使っていて、紫外線が強いとレンズが黒く変化していく。付け替える必要がないのでとても便利。提供していただきました。

 

ちなみに普段つける眼鏡も2本持っていく。

シューズ

シマノSHCT41-L クリッカーブラック

 

路面がいい場合には基本的にビンディングシューズにする予定。やはりこの方が走りやすい。

ビンディングシューズの中では歩きやすいものを選んだ。

 

※ビンディングとは?

ペダルと足を固定して走りやすくしたもの。最初はちょっと怖いけど、慣れれば問題ない。足を軽くひねればペダルから靴が外れる仕組みになっている。

 

登山靴 mont-bell タイオガブーツワイド

 

まちを散策するときにビンディングシューズでは歩きにくいのでこちらを使う予定。

きれいな景色を見るためにトレッキングをすることも考えられる。山歩きもできる限りやりたい。

もちろんゴアテックスで、足幅の広い自分にピッタリなワイド仕様。さらに、(偶然だけど)色を自転車に合わせることができた。

サンダル 100均のもの

 

これが便利。キャンプの時にはかなり重宝する。日本一周の時には旅の途中で買って、それを今でも使い続けている。さすがにボロボロなので、新しいものを100均にて200円で購入。個人的には黒が良かったんだけど、なかったのでグレーをチョイス。


ザック

mont-bell ポケッタブルライトパック

 

手のひらサイズになるザック。日本一周の時によく使った。キャンプ場や宿の近くで買い物をたときは、このザックに詰め込んでいた。確か11リットルだと思うが、このサイズは生産していないのかも。

ウェストポーチ 

mont-bell ポケッタブルライトポーチ

 

使わない時は手のひらサイズに小さくなるウェストポーチ。日本一周の時から使用している。

貴重品の持ち歩き用と思っているが、海外ではもちろん腰にはつけず前に持ってくる。

コンパクトだけど、それだけ生地が薄い。やや心配。

ザック

mont-bell バーサライトパック40

 

登山、トレッキングなど、自転車を置いて移動する際に使う予定。超軽量素材を使っていて、40リットル入るけど軽いし、コンパクトになる。