自転車

ARAYA SWALLOW Randonneur

 

共に日本を一周した相棒をパワーアップさせ旅に出る。もともと完成車で販売されているものを、日本一周の時は、ほとんどそのまま(ペダルだけビンディングにした)使用。

今度は未舗装路も増えてくることからサイクルショップオシガモに相談し、いくつかのパーツを変更した。

特にホイールは、耐久性のあるハブ、スポーク、リムを取り寄せてもらい、手組みしている。

(そのようすはこちら。)

また、リアのギアも少し軽めのものを増やした。 

 

ARAYA SWALLOW Randonneur(RAN) ダークモスグリーン

 

  

フロントキャリア  tubus  Smarti

リアキャリア  tubus  Logo classic 

自転車長期ツーリングをする場合の王道を選択した。ドイツのメーカーで、何といっても絶対的な強度がある。旅の途中でキャリアが折れてしまったら一大事。

最後までよろしくお願いします。

 tubusのキャリア

 

 

※車体購入時から変更した部分 

ペダル SPDクリート付ペダル ブラック PD-A530-L

日本一周の時と同じもの。片面がビンディング、片面がフラットになっている。

路面いいところではビンディングを使用する。

路面が悪いところでは自転車をこげないことも考えられるので登山靴で走行する。

その方が降りてすぐに歩き出しやすい。

シマノ SPDクリート付ペダル ブラック PD-A530-L

 

前後ホイール(ハブ、リム、スポークを注文し、手組み) → そのようすはこちら

 フロントハブ Schimidt SON delux

 リアハブ SHIMANO FH-5800 36H

 リム(前後) H PLUS SON TODESTRIEB

 スポーク(前後) HOSHI 2.0(#14)Stainless Steel 

 

 

タイヤ SCHWALBE(シュワルベ) マラソンプラス 26x1.50

 

サイクロコンピュータ キャットアイ(CAT EYE) マイクロワイヤレス

 

リアのスプロケット(軽いギアを増やした)

SHIMANO CS-HG400 9S 11-32T

 

リアのディレイラー

SHIMANO RD-HG4000 9S SGS

 

LEDライト

Schimidt Edelux Ⅱ LED

 

スタンド(取り付けた) 

 

 


サイドバック

 フロント

  オルトリーブ スポーツローラークラシック

 リア

  オルトリーブ バックローラークラシック

 

 tubusのキャリアに続き、こちらもドイツのメーカーortliebのサイドバックを使う。完全防水でその品質は確か。多くの自転車旅行者が愛用しているもの。

日本一周の時と比べると、フロントの容量がやや小さいのが難点。そこは荷物の量ときれいなパッキング(苦手だが)で何とかしよう。

  

フロントバック

Ostrich(オーストリッチ) フロントバック

 

日本一周をした時と同じものを使用。

防水加工がないのがちょっと心配だけど、

いろいろなものを詰め込めることができるサイズなのがいい。

ここに入れておきたいものは意外と多い。